キッザニア

CA3G04200001.jpg CA3G04140001.jpg CA3G04050001.jpg

昨日は学校がお休みだったので初キッザニアに行ってきました。

子供にはとてもよくできたテーマパークですね。
すごいなぁと思ったのはお仕事する場所なので、子供を子供扱いしてないこと。 スタッフの方が名前を呼ぶ時“ちゃん”ではなく“さん”話言葉も全部敬語。
仕事にもよるけど仕事の終わった感想を聞かれてそれにちゃんと答えてくれる事。変な形とかになっててもなるべく手はかさない事。
こんな本物に近い体験ができれば将来の夢の幅も広がるなぁって思います。

子供達はANAのキヤビンアテンダント、森永のハイチュウ作り、病院で開腹手術などなど色んな体験をしました。(手術は人形ですが、本当にメスで切ったり縫合したりするんですよ)
手術室の看護師(うちの息子)にはお腹を抱えて笑いました。看護師は医師に手術器具を渡すのですが、渡す器具もめちゃくちゃ、渡し方もめちゃくちゃであれはクビですね

私達も子供達の姿を見て楽しめました
そのまま和歌山にきて2泊してます。

和歌山リポートはまた明日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Serena and Lily have wonderful beds, bedding and pillows on their site. The sling is great too. It looks well made and sturdy.Kathy

  2. J’aime bien l’auteure du blog pour son talent et sa tolérance qui est à souligner dans un milieu écologiste où la tolérance n’est pas la vertu première.Amusons-nous quand même du titre qui n’est pas sans rappeler « l’homme qui riait dans les cimetières », c’est-à-dire le président Raymond Poincaré qui, ébloui par le soleil dans un cimetière, eut un rictus, pris pour un rire, photographié comme tel et utilisé par ses adversaires.

  3. That’s a shrewd answer to a tricky question